電子カルテに変える

インターフェイス

注意すべき点について

電子カルテは多くの医療現場で利用されていますが、便利な反面注意をしなければいけないこともあるため、電子カルテを扱う際の注意事項について紹介をします。 電子カルテの場合の1番の注意事項として挙げられるのは、個人情報の管理についての内容となります。紙カルテに比べて電子カルテの場合には、より外部への持ち出しが可能となるリスクがあります。ですので対策として、開くためには職員しか知らないパスワードを設定やセキュリティーソフトの導入が必要です。また落雷や自然災害時に備えて、データを予備サーバーに写しておくことも万が一の時の備えや措置として有効です。

知っておくと良い情報

電子カルテを導入することによって作業効率などが上がるため、多くの方に好評を呼んでいるシステムの1つです。そこでこのシステムについてさらに知っておくと良い情報があるため、その内容について説明をしていきます。 電子カルテをを使用することによって自動チェック機能が付いているため、小さなミスや誤字脱字を防止することが出来ます。人の生命を扱う医療機関にとってこのような問題は大きな信用にも関わるため、職員にとってこれは大きなメリットとなります。また電子カルテを使うことによりカルテ棚が不要となるため、紙を使用した場合の収納スペースが不要となります。これは患者数の多い病院やクリニックでは特に大きなメリットとなるため、電子カルテ導入には色々とプラス要素が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加