進む医療技術

ネットワーク

医療機関のIT化の未来の姿とは

医療現場で高度情報化が進む中で、大病院を中心にIT化を積極的に進める事例が増加中である。特に電子カルテを導入することによる、病院内の様々な部署における情報の共有化が魅力的である。しかし将来的にはIT化のコストが更に割安になることが予測されているので、今後はクリニックなどの小規模医療機関でも電子カルテ化が進むであろう。また電子カルテだけではなくて。予約システムなども一元化することで、業務の効率化も実現できるであろう。また電子カルテ化で検査結果もすぐにチェックできるので、診察時間の短縮化も実現可能である。診察時間の短縮化によって、患者の待ち時間も短くなるために、患者の満足度が高い病院やクリニックも実現できるであろう。

導入を考えるときのポイントとは

電子カルテのシステムを導入するときには、医療機関の規模や診療内容に合わせてシステムを選ぶことが重要である。そのためには電子カルテシステムを販売している業者と相談しながら、最も適したプランを選ぶべきであろう。また様々な検査機器と連動させて、画像診断や患者への説明もスピーディーに行えるシステムの導入が理想的である。更に効率的に電子カルテシステムを運用するためには、医師をはじめとして看護師も効率的に使いこなせることが重要である。そのために導入後には職員の研修を行ったうえで、効率的に活用するべきであろう。更に将来の技術の進歩に合わせて、更新しやすいシステムを選ぶことで、より一層の診療業務の効率化も実現できるであろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加