電子カルテを利用

画面に触れる女性

診療予約は待ち時間の短縮にとても効果的

医院にとって診療予約と電子カルテに勝るシステムは今の所ありません。 診療予約で日時が決まると、医院側はカルテや治療の準備を行う事が出来ます。月並みですが段取りの割合が高いほうが物事は上手く運ぶものです。当然待ち時間は、受付をして準備をする場合とは大きく違ってきます。 診療予約が無い場合は朝一の受付開始時など、同じ時間帯に多くの受付があっても順番に患者の診療になるため、インフルエンザやノロウィルスの流行時などは院内感染のリスクなども高まります。 しかし診療予約であれば、患者もいつ診察されるのかと待つ必要がありませんので体力を擦り減らす事もありませんし、他の症状で来ている方に感染するリスクが確実に減ります。

導入を考えるなら、まずは無料版でお試しを

この診療予約システムは無料のものから有料のものまであり、比較的医院のスタイルに合った形のものを選ぶ事が出来ます。 患者の個人情報でもある通院記録ともリンクしますので、最終的にはしっかりとしたセキュリティのものを選ばれるのが理想ですが、高機能高セキュリティーのものは相応の初期費用とランニングコストが掛かります。 目安としては安くて30万から40万の初期費用、月間1万から2万の月額使用料から始まり、電子カルテとの連携など多機能になるほど金額が上がっていきます。 一方多機能ではなくとも、最小限の診療予約だけに絞れば無料で受けられるアプリサービスなどもあります。まずはそのような無料版から是非予約診療がもたらす快適な環境をご体験ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加